パソコンパーツの処分

パーツ別の処分方法については、以下のページで詳しく説明していますのであわせてご確認ください。

パソコンのパーツの処分方法は、大きく4つあります。

  • 自治体の回収(粗大ごみ・小型家電回収BOXなど)
  • パソコンショップでの買取り・下取り
  • 廃棄物処理業者に依頼する
  • パソコン処分.comでの回収(当サイト)

パソコンパーツとはCPU、メモリ、ハードディスク、マザーボード、ビデオカード、Blu-ray/DVD/CDドライブ、PCケース、電源、ケーブル、マウス、キーボード、スピーカーといったパソコンを構成する部品のことです。

古くなったり、壊れたりして交換した、使用済みのパーツはどうやったら処分できるのでしょうか。それぞれの処分方法を調べてみました。

パソコンパーツ処分方法の比較表

比較表 対応機種 料金 データ消去 完了までの目安
自治体の回収 パーツ類全般 有料・無料 消去しない 当日
ショップ買取り・下取り 正常品か新しいもの お金がもらえる 消去する 2週間程度(配送)
廃棄物処理業者 パーツ類全般 有料 データ消去しない 当日(持込)
パソコン処分.com PCと一緒ならOK 無料 データ消去してもらえる 当日

自治体の回収(粗大ごみ・小型家電回収BOXなど)

多くの自治体ではパソコンは処分できませんが、パソコンのパーツはごみとして処分できます。具体的には、パーツの付いたパソコンは処分できません。中身がない空のパソコンケースは処理できます。

捨てたいパーツの大きさにより有料と無料にわかれます。大きさがだいたい30cm未満のものは燃えないごみとして無料で捨てられます。

自治体のゴミの区分

大きさ 料金 ゴミの分類
30cm未満 無料 燃えないごみ
30cmを超えるもの 有料 粗大ごみ

また一部の自治体は、小型家電回収BOXという箱を公民館など施設に設置しています。その場合は、捨てたいパーツを回収BOXに投函すれば処理完了です。

まずは、自治体のホームページか電話して確認してみましょう。

パソコンショップでの買取り・下取り

中古パソコンを取り扱っているパソコンショップでは、パーツの買取りを行っています。比較的新しいもので正常動作すれば買取ってもらえます。

パソコンショップでの買取り・下取りのポイントは以下の通りです。

  • 買取りできない物もある
  • 身分証(運転免許証、保険証、住民票など)が必要
  • 配送での査定は数日〜1週間、代金振り込みまで2週間程度かかる

廃棄物処理業者

廃棄物処理業者はパーツを埋め立てゴミとして廃棄します。市区町村に電話して、近くの処理業者を教えてもらうか、タウンページなどで検索してください。

そもそも自治体で捨てることができるので、よほど大量に処分したい場合ではないと利用しないと思います。インターネット検索で出てくる業者の中には、高額な料金を請求する悪徳業者もいるようです。口コミなどをよくみて利用して下さい。

パソコン処分.comに回収してもらう

当サイト「パソコン処分.com」では、パソコンと一緒であれば、パーツが無料で処分できます。

  • PCリサイクルマークの有・無問わず
  • 全メーカーのすべての機種(ブラウン管除く)
  • デスクトップパソコン・ノートPC・液晶ディスプレイの故障・不良問わず

連絡不要、パソコンと一緒にクロネコヤマト宅急便(着払い)で送るだけの簡単手続きです。もちろん、パソコン内にある個人情報データも無料で完全消去致します。NHKにも紹介されたパソコン処分サービスです。

受付窓口:パソコン処分.com
URL:http://www.pasokon-syobun.com/
パソコンの受け取り:24時間365日
電話番号:03-3883-4600
受付時間:9:30〜11:30 13:00〜17:00 (日・祝祭日休み、土曜日は隔週営業)

パソコン無料処分キャンペーン実施中!!

パソコン処分.comはパソコンを無料で処分できます。
パソコンメーカー、年式、型番、動作不良の有無は問いません。
データは確実に消去を行なっておりますので、ご安心下さい。
詳しくはご利用の流れを参照ください。

パーツだけであれば、自治体で処分

パーツだけであれば、自治体での処分をおすすめします。パーツの買取りも選択肢としてありますが、パーツの買取りは新しい・正常動作していることが基本です。古くなって取り替えたもの、壊れていて交換したものは値が付きません。

パソコンも捨てたいとなれば自治体ではパソコンの処分はできませんので、パソコン処分.comに依頼して下さい。