土曜営業日 今月の土曜営業日 来月の土曜営業日

パソコンの処分方法

パソコンの処分方法は、大きく4つあります。

  • パソコンメーカーの回収・リサイクル
  • 自治体の回収(小型家電回収BOXなど)
  • パソコン処分.comでの回収(当サイト)
  • パソコンショップ・メーカー直販サイトでの買取り・下取り
  • 廃棄物処理業者に依頼する

いずれも処分できない製品があったり、手続きが必要・不要など、それぞれ特徴がありますので、詳しく説明しようと思います。

また、パソコンを処分する前には、データの引っ越しやデータ消去も必要です。データ消去の手順や注意点は最後にご紹介します。
パソコンを処分する前に準備すること

パソコン処分方法の比較表

比較表 対応機種 料金 データ消去 完了までの目安
メーカーの回収 他社メーカー品は不可 無料~有料 事前にデータ消去しておく 2週間程度
自治体(回収BOX) 小家電(高さ30cmまで) 無料 事前にデータ消去しておく 即日
パソコン処分.com メーカー・年式不問 無料 データ消去してもらえる 即日
ショップ買取り・下取り 正常品か新しいもの 買取り金額がもらえる データ消去してもらえる 2週間程度(配送買取)
廃棄物処理業者 メーカー問わず・故障OK 有料 データ消去しない 即日(持込)

メーカーの回収・リサイクル

平成15年10月1日から不要になった家庭用パソコンは、パソコンメーカーなどが回収・リサイクルすることになりました。自治体では粗大ごみや燃やせないごみとして、パソコンの収集はしていません。これは、「資源の有効な利用の促進に関する法律」にメーカーの回収が義務付けられたからです。テレビや冷蔵庫がゴミとして捨てられないこと似ています。

対応機種

メーカーで処分できるものは、そのメーカーで製造した本体と購入時の標準添付品です。
本体:デスクトップパソコン、ノートパソコン、CRTディスプレイ、液晶ディスプレイ、CRT一体型パソコン、液晶ディスプレイ一体型パソコン
標準添付品:マウス、キーボード、スピーカー、ケーブル

メーカーで処分できないものは、本体以外の製品(プリンタ、スキャナー、ワープロ)と取扱説明書、CD-ROMなどです。

料金

PCリサイクルマーク本体に貼ってあれば無料です。PCリサイクルマークが無い場合は、一般的に以下の料金が別途必要です。

  • デスクトップパソコン本体 3,000円(税抜)
  • ノートパソコン本体 3,000円(税抜)
  • 液晶ディスプレイ・液晶一体型パソコン 3,000円(税抜)
  • ブラウン管(CRT)ディスプレイ・CRT一体型パソコン 4,000円(税抜)

データ消去

データ消去はメーカーでは行っていません。ただし多くのメーカーでは、データが保存されているハードディスク部分を粉々にしてリサイクルするので、その後の個人情報流出は無いようです。サービス利用時は、メーカーでは破壊・漏洩等について一切の責任を負わないことを了承する必要があります。事前のご自身でのデータ消去をおすすめします。

完了までの目安

PCリサイクルマークがあって1週間程度、PCリサイクルマークがなければ2週間程度必要です。

なお、自作パソコンについては、パソコンメーカーの業界団体、一般社団法人 パソコン3R推進協会が処分を受け付けています。

リンク:メーカーのパソコン処分

自治体の回収(小型家電回収BOXなど)

小型家電(ノートパソコン、プリンター、スキャナー、周辺機器)を公共施設に設置されている回収BOXに投函すれば、パソコンを処分できます。

平成25年4月に「使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律(小型家電リサイクル法)」が施行され、自治体が中心となった新しいリサイクルの仕組みの一環です。

注意点としては、自治体によって対応が異なることです。お住まいの地区町村に問い合わせてみましょう。

  • 回収をしていない自治体がある
  • パソコンが回収対象製品でない場合がある

対応機種

自治体で処分できるものは、回収BOXの投函口に入れることができる小型家電です。自治体により異なりますが、高さ20~30cm程度の小型家電です。
小型家電:ノートパソコン、タブレット、スマホ、プリンタ、スキャナー、ワープロ、MP3プレーヤー、デジカメ、付属品など
自治体で処分できないものは、回収ボックスに入らないものなどです。

料金

回収BOXに投函できれば、無料です。

データ消去

データ消去は行っています。法律により適切な管理が義務付けられています。ただし処理前に盗難にあう危険もあります。個人情報が含まれる製品は、個人情報を消去してから回収ボックスに入れることを実施している自治体では推奨しています。

完了までの目安

当日(設置施設の開館時間による)

パソコン処分.comに回収してもらう

当サイト「パソコン処分.com」では、全メーカーのパソコンが無料で処分できます。

  • PCリサイクルマークの有・無問わず
  • 全メーカーのすべての機種(ブラウン管除く)
  • デスクトップパソコン・ノートPC・液晶ディスプレイの故障・不良問わず

連絡不要、宅急便(着払い)で送るだけの簡単手続きです。もちろん、パソコン内にある個人情報データも無料で完全消去致します。NHKにも紹介されたパソコン処分サービスです。

受付窓口:パソコン処分.com
URL:https://www.pasokon-syobun.com/
パソコンの受け取り:24時間365日
電話番号:03-3883-4600
受付時間:9:30~11:30 13:00~17:00 (日・祝祭日休み、土曜日は隔週営業)

パソコン無料処分キャンペーン実施中!!

パソコン処分.comはパソコンを無料で処分できます。
パソコンメーカー、年式、型番、動作不良の有無は問いません。
データは確実に消去を行なっておりますので、ご安心下さい。
詳しくはご利用の流れを参照ください。

パソコンショップ・メーカー直販での買取り・下取り

中古パソコンを取り扱っているパソコンショップでは、パソコンの買取を行っています。パソコンメーカーでは、パソコン買い替えの促進策としてパソコンの下取りを行っています。

どちらも、よほど状態が良いパソコンか、Macbookのような人気機種ではないと買取値段は期待できません。古い機種は買取りしていませんので、過度な期待はしないでください。

パソコンの買取

ソフマップやパソコン工房、PC DEPOTなどパソコンショップでは、不要になったパソコンを買い取って、もういちど中古パソコンやパソコンパーツとして販売しています。発売してから日にちが経っていないパソコンや、正常動作するパソコンは、一度査定してみましょう。事前にインターネットでおおよその買取価格を調べることもできます。

買取したパソコンのデータ消去は行っています。配送買取で振込完了まで2週間程度かかります。

パソコンの下取り

メーカーでは、メーカー直販サイトからパソコンを購入してくれたユーザーを対象にパソコンの下取りを行っています。基本的にパソコンの買取と同じです。買取会社と提携したサービスです。買取と違うところは、査定金額が下取りキャンペーン特典で通常より高かったり、支払いがメーカー直販サイトで使用できるクーポン券だったりします。下取りしたパソコンのデータ消去は行っています。配送を利用した下取りで振込完了まで2週間程度かかります。

買取り同様、古いパソコンが無くなればいいなと思う程度で利用して下さい。パソコンの状態によっては、下取りができない場合があります。

リンク:メーカーのパソコン処分
リンク:家電量販店・ショップのパソコン買取、パソコン下取り

廃棄物処理業者

廃棄物処理業者はパソコンをゴミとして処理、埋め立てること処分できます。自治体に電話して紹介してもらうか、インターネットで「廃棄+地域名」検索すると業者がでてきます。法外な料金を請求したり、不法投棄する悪徳業者もいますので、良く調べて利用して下さい。

対応機種

デスクトップパソコン、ノートパソコン、CRTディスプレイ、液晶ディスプレイ、CRT一体型パソコン、液晶ディスプレイ一体型パソコン、プリンタ、スキャナー、ワープロなど

料金

廃棄物処理業者と処理内容による。数千円~数万円

データ消去

ほとんどの業者はデータ消去は行っていません。ゴミという扱いをするからです。またデータ消去を行ってくれる業者は処分費用とは別にデータ消去費用が掛かります。

完了までの目安

当日(廃棄物処理業者の営業時間による)

パソコンが新しい場合は買取、古い・壊れていれば回収

パソコンが新しい場合は買い取り、古い・壊れていれば回収をおすすめします。また手軽さを考えれば、自治体の回収BOXか、パソコン処分.comになるでしょう。どの方法もハッキリとしているとおもいますが、何か分からなければ、直接電話やメールをしてみてはいかがでしょうか。疑問点をなくし、納得して処分することが大事と思います。

パソコンを処分する前に準備すること

データの引っ越し

パソコンは捨てたいけど、まだ古いパソコンに写真や音楽データ、メールが残ったままなので処分できない方もいると思います。パソコンのデータ移行方法は2つあります。

  • 「Windows転送ツール」を使用する(無料)
  • パソコン引越しソフトを使用する(有料)

Macについては、Appleホームページに詳しく載っていますので、ご確認ください。
リンク:別の Mac からデータを手動で移行する - Apple

データの引っ越し
Windows 転送ツールは、いま使っている PC から、新しい PC へファイルや設定を移行できる便利なプログラムです。2 台の PC を同じネットワークにつなぐか、USB メモリでデータをやり取りします。具体的な方法は、Microsoftページをご参照ください。
リンク:Windows 転送ツールで多くのファイルや設定が引き継げます - Microsoft

パソコン引越しソフトを使用する
Windows 転送ツールと同じようにあるパソコンから別のパソコンにデータを移すためのソフトです。Amazonや家電量販店で購入できます。

どちらの方法も全くの初心者には難しいです。全てのデータが引越しできるわけではありませんので、最低限残っていて欲しいデータが移行できているか確認してください。

データ消去

パソコンには写真や、年賀状の住所録、メールアドレス、ホームページのお気に入りなど個人情報がたくさん入っています。特に気にしなければ、そのまま処分してもいいのでしょうが、できれば消去したい。消去方法としては3つあります。

  • 自分で消去ソフトウェアを利用する(無料・有料)
  • 回収・買取りしているところのサービスを利用する(無料)
  • 専門のハードディスク消去会社に依頼する(有料)

パソコンが壊れている場合、個人情報が入ったハードディスク部分が壊れている場合は、一般の人では消去は難しいので、「2.」「3.」のどちらかになります。

自分で消去ソフトウェアを利用する(無料・有料)
最近のパソコンには、データ消去ツールが入っています。パソコンの取扱説明書かメーカーのホームページから手順を確認して作業して下さい。作業を行うとパソコンには一切の個人情報はなくなります。無料です。

家電量販店やamazonでデータ消去ソフトが販売されています。CDやUSBメモリーにデータ消去ソフトが入っていて、そのCDやメモリーをパソコンに挿入して、起動することでソフトウェアが動きます。販売なので有料です。

回収・買取りしているところのサービスを利用する(無料)
パソコンを回収・買取りなど行っている会社・自治体ではなんらかの形でデータ消去を行っています。動かないハードディスクであれば破壊するのが一般的です。

各仕組みについては、以下を後述を参照してください。基本は無料です。ただし、データ消去されたか確認したい場合は、データ消去証明書発行として有料の場合があります。

専門のハードディスク消去会社に依頼する(有料)
ソフマップやPC DEPOTなどパソコン修理を行っている店舗で、データ消去サービスを有料で行っています。パソコンを店舗に持ち込めば、その場でハードディスクを消去か破壊してくれます。

注意点としては、もし買い取りを希望している場合は、ハードディスクが破壊されると買取り金額が大きく下がります。