土曜営業日 今月の土曜営業日 来月の土曜営業日

パソコンのリサイクル

パソコン処分時のリサイクル方法は、2通りあります。

パソコン処分した場合のリサイクルとはパソコンを処分した後にパソコンはどうなるのでしょう?環境のことを考えれば、廃棄物として埋められるよりもリサイクルしてもらって、新たな資源として使ってもらいたいものです。

パソコンのリユース

リユースというのは、日本語で再使用という意味です。製品をそのまま製品として使えるようにすること、または製品の部品をそのまま別の製品として使うことを言います。中古品として製品や部品として使うということです。

製品として

発売から5年以内の新しいパソコンは、データ消去の後に、中古パソコン製品として販売されます。特にノートパソコンの需要は高く、リユースパソコンのほとんどがノートタイプです。最近では、法人向けにデスクトップパソコンを販売されるケースもあります。有名なお店としては、ソフマップ、インバースネット(ヤマダ電機の子会社)があります。通販を中心で販売し、店舗は東京の秋葉原や大阪の日本橋を中心に展開しています。メーカーで積極的にリユースを行っているのは、NECで「リフレッシュPC」というブランド名で販売しています。

パーツとして

パソコンは、CPU・メモリ・HDD・ビデオカード・マザーボード・ドライブ・電源・パソコンケース・ケーブル類・キーボード・マウス・ACアダプタ・液晶ディスプレイなど各々パーツや周辺機器としてリユースが可能です。この中でHDDは、個人情報があるので適正なデータ消去を行い、復元できないようにします。次の利用者に前回の使用者の個人情報を閲覧できないようにする為に必須の工程です。

パソコンのリサイクル

古いパソコンやリユースの出来ない故障したPC等は素材としてリサイクルされます。パソコンは、鉄・プラスチック・金・銅・アルミ・ダストなどが素材としてリサイクルされます。特に古いパソコンは、金の使用量が多く素材としての価値は高くなります。

パソコンは、「捨てるところが無い」

パソコンは、「捨てるところが無い」といわれますが、新しければリユース・それ以外はリサイクルと捨てるところがありませんでした。新しいPCは製品として価値があり、古いPCは素材として価値がある。という現象がおきています。

リユース・リサイクル共にポイントとなるのは、データ消去です。処分を依頼する場合は、信頼の出来る有名な中古パソコンショップ・メーカー・リサイクル業者を選びましょう。また、知識のある人は、自分自身でデータ消去を行うことをおすすめします。

当サイト、パソコン処分.comでは、完全なデータ消去を無料で行っております。

パソコン処分.comにリサイクルしてもらう

当サイト「パソコン処分.com」では、全メーカーのパソコンが無料でリサイクルできます。

  • PCリサイクルマークの有・無問わず無料処分
  • 全メーカーのすべての機種(ブラウン管型は除く)
  • デスクトップパソコン・ノートPC・液晶ディスプレイの故障・不良問わず

連絡不要、宅急便(着払い)で送るだけの簡単手続きです。もちろん、パソコン内にある個人情報データも無料で完全消去致します。NHKにも紹介されたパソコン処分サービスです。

受付窓口:パソコン処分.com
URL:https://www.pasokon-syobun.com/
パソコンの受け取り:24時間365日
電話番号:03-3883-4600
受付時間:9:30~11:30 13:00~17:00 (日・祝祭日休み、土曜日は隔週営業)

パソコン無料処分キャンペーン実施中!!

パソコン処分.comはパソコンを無料で処分できます。
パソコンメーカー、年式、型番、動作不良の有無は問いません。
データは確実に消去を行なっておりますので、ご安心下さい。
詳しくはご利用の流れを参照ください。