土曜営業日 今月の土曜営業日 来月の土曜営業日

Apple(アップル)のパソコンを処分する方法

Apple製のパソコンを処分する方法は、下記の3通りあります。

  • Appleに下取りしてもらう
  • Appleに回収してもらう
  • パソコン処分.comに回収してもらう(当サイト)

お手持ちのMacの状態や種類を把握したうえで、どの処分方法が一番良いか事前に確認する必要があります。もし確認しないと、余計な手間がかかったり、費用面で大きく損をしてしまう場合があります。また、メーカー以外での処分方法はMacの処分方法を参照ください。

Apple製パソコン処分の比較表

比較表 対応機種 料金 データ消去 完了までの目安
下取り(Apple) Apple製限定、一部対象外 下取り 消去する 2週間程度
回収(Apple) Apple製限定、一部対象外 無料~有料 消去しない 2週間程度
パソコン処分.com メーカー・年式不問 無料 消去する 即日

Appleに下取りしてもらう

AppleではMacの下取りを行っています。Apple公式の通販サイト「Apple Online Store」でApple製品を購入された人のみが対象です。査定金額アップのキャンペーンを実施しているときもありますが、予告無くキャンペーン内容が変更される場合があるので注意が必要です。

Appleでの下取りサービスのポイントは以下の通りです。

  • 製品購入日後30日以内に下取りの申込みをする必要がある
  • 下取り完了まで2週間程度かかる
  • 本人確認書類が必要
  • Appleが提携している別の会社が下取り(査定~振込みまで)を行っている

Apple Store下取りサービス(デジタルリユース 買取サポートセンター)
URL:http://store.apple.com/jp/browse/home/campaigns/tradein
電話番号:048-614-4983
受付時間:平日9:30~12:00 13:00~17:00

Appleに回収してもらう

Appleでは不要になったMacやディスプレイを回収してリサイクルしています。回収した製品は、部品や素材として再利用されるか、金属材料(レアメタル等)として再資源化されます。

データ消去は行っていないので個人で行う必要があります。(データをゼロにする方法 http://support.apple.com/ja-jp/HT1820)

Appleでの回収・リサイクルサービスのポイントは以下の通りです。

  • 2003年9月30日までに購入した製品の回収は有料です。
  • 2003年10月1日以降に発売された製品にはすべてPCリサイクルマークが同梱されており、このマークが貼付されている製品は無料で回収できます。
  • 購入時にリサイクルマークを貼らずに紛失した場合や、剥がれて認識できない場合は有料となります。
  • 回収の申込みはFAXまたは電話のいずれかです。FAXを希望する場合には、WEBから申込み用紙をダウンロードする必要があります。
  • iPadはPCリサイクルマーク付きノートパソコンと同等になります。

※代表機種
PowerMacintosh G3、G4、G5、MacPro、iBook、PowerBook、MacBookPro、 MacBookAir、imac G3、G4、G5、eMac、iphone、iPad、Cube、MacMini、Macintoshシリーズなど

Appleリサイクルセンター
URL:https://www.apple.com/jp/recycling/computer/
電話番号:00120-924-501 FAX:0120-924-502
受付時間:9:00-17:00(土日祝祭日除く)

パソコン処分.comに回収してもらう

当サイト「パソコン処分.com」では、全メーカーのパソコンが無料で処分できます。

  • PCリサイクルマークの有・無問わず無料処分
  • Appleのすべての機種(iMac G3、eMacなどブラウン管型は除く)
  • デスクトップパソコン・ノートPC・液晶ディスプレイの故障・不良問わず

連絡不要、宅急便(着払い)で送るだけの簡単手続きです。もちろん、パソコン内にある個人情報データも無料で完全消去致します。NHKにも紹介されたパソコン処分サービスです。

受付窓口:パソコン処分.com
URL:https://www.pasokon-syobun.com/
パソコンの受け取り:24時間365日
電話番号:03-3883-4600
受付時間:9:30~11:30 13:00~17:00 (日・祝祭日休み、土曜日は隔週営業)

パソコン無料処分キャンペーン実施中!!

パソコン処分.comはパソコンを無料で処分できます。
パソコンメーカー、年式、型番、動作不良の有無は問いません。
データは確実に消去を行なっておりますので、ご安心下さい。
詳しくはご利用の流れを参照ください。

パソコン処分で損しないために

Appleのパソコンは比較的人気があるので、下取りの処分方法も検討する価値はありそうです。

しかし人気のある機種とそうでない機種では相場が大きく違うので、必ずしも期待できるとは言えません。処分する予定のパソコンの型番さえ分かっていれば、買取価格はすぐ調べられるので、興味がある人は調べてみても良いでしょう。

但し、年式の古いMacの下取りは難しいと思われますので、ブラウン管型でない場合は、パソコン処分.comを検討してみてはいかがでしょうか。

最後に法人・企業の場合のAppleでパソコンを処分する方法を載せておきます。

法人サービス

Appleでは、法人向けにもMacの回収・リサイクルサービスを行っています。

個人の場合と違い、回収・リサイクル費用は、全額有料となります。利点としては、Appleがお客様と直接「業務委託契約」をすることで、個別の運搬業者や産業廃棄物処理業者と契約する必要がなくなり、更にマニフェストの発行や管理も不要になります。

申込み手順はAppleのホームページに記載されています。

Appleリサイクルセンター
URL:https://www.apple.com/jp/recycling/computer/businessuser/
電話番号:0120-924-501 FAX:0120-924-502
受付時間:9:00-17:00(土日祝祭日除く)