このエントリーをはてなブックマークに追加  

携帯電話の付属品の処分方法

携帯電話の付属品(ACアダプタ、電池パック等)やオプション品は基本的にキャリアショップで処分することができますが、そうでない場合もありますので付属品単体で処分する方法についてご紹介します。

充電器・ACアダプタ

キャリアショップで処分できます。多くの自治体では使用済小型電子機器として拠点回収を行っています。役所やショッピングセンターに設置されている回収ボックスに投函することで処分が完了です。使用済小型電子機器回収を行っていない自治体では、金属ごみまたは不燃ごみで処分できる場合が多いです。

電池パック

キャリアショップで処分できます。自治体によっては蓄電池や乾電池を回収する日がありますので、その日にゴミとして出しましょう。

メモリカード

キャリアショップで処分できません。多くの自治体では使用済小型電子機器として拠点回収を行っています。または、メモリカードは燃えないゴミ(または金属ゴミ)して処分できます。

モバイルバッテリー

キャリアショップで処分できません。大型家電量販店に設置してある回収ボックスに投函すれば処分完了です。小型充電式電池のリサイクルを推進する一般社団法人JBRCが「リサイクル協力店」として登録されている店舗であればどこでも持ち込みできます。

キャリングケース・カバーケース

キャリアショップで処分できません。素材によりますがゴミとして処分できますので、お住いの自治体の処分方法に従ってください。あまり大きいと粗大ごみ扱いとなり有料になります。

イヤホン

純正品の場合は、キャリアショップで処分できます。多くの自治体では使用済小型電子機器として拠点回収を行っています。充電器同様金属ごみまたは不燃ごみで処分できる場合が多いです。ワイヤレスイヤホンの場合は内臓電池がありますので、蓄電池や乾電池を回収する日にゴミとして出しましょう。