このエントリーをはてなブックマークに追加  

中古携帯電話とは

中古携帯電話とは、回線契約がされていない、電話番号情報を持たない携帯電話のことです。電話番号情報を持たないので、通話・通信はできません。

中古携帯電話の使い方

中古携帯電話に、電話番号情報を持たせることで使用できるようになります。現在の携帯電話は電話機本体には電話番号情報は持っていません。携帯電話に刺さっているSIMカードというチップに情報が書き込まれています。基本的には、ドコモ、au、ソフトバンクといった通信会社と契約しているSIMカードをその携帯電話に刺せば使用できるようになります。
携帯処分.com - SIMカード(シムカード)とは

白ロムとは

白ロムとは携帯電話の契約状況のことをいう専門用語のことです。他に状態により赤ロム、黒ロムなどがある。

使用できない中古携帯、赤ロム

赤ロムは、利用制限されている携帯です。不正に入手された携帯電話なので、携帯電話機の利用制限解除は行われず、オークションなどで購入しても利用することはできません。確認方法は、各キャリアのサイトでに携帯電話機の固有番号(製造番号)を入力することで、白・黒・赤の「利用制限」の対象携帯電話機のご確認が行えます。

新品との違い

新品と中古の違いは、値段と状態です。同じ機種であれば当然性能は同じです。

中古携帯のメリット

中古携帯を選ぶポイント