土曜営業日 今月の土曜営業日 来月の土曜営業日

ドライブを処分する方法

お探しの内容が、ハードディスクドライブの場合は、「ハードディスクの処分方法」をご覧ください。

ドライブの処分方法は2種類あります。

  • 自治体の回収(燃えないゴミ・小型家電回収BOXなど)
  • パソコンショップでの買取り

自治体の回収(粗大ごみ・小型家電回収BOXなど)が一般的です。

買取は、処分先として明記していますが、あまり期待しないほうが良いです。理由としてドライブ自体が価値があまり無いため、買取り不可の場合があるからです。パソコンに内蔵されていない外付けドライブで新しいものであれば検討の余地があります。

ドライブ処分方法の比較表

比較表 対応機種 料金 データ消去 完了までの目安
自治体の回収 ドライブ全般 無料 不要 当日(持込)
ショップ買取り 正常品で新しいもの お金がもらえる(小額) 不要 2週間程度(配送)

ドライブは、CDなどからデータを読み書きしますが、ドライブ自体にはデータは残りません。そのまま処分できます。ただしドライブにメディアを入れっぱなしにして処分する人もいますので、必ずドライブから中身を取り出しましょう。

※ ドライブの代表機種
DVDドライブ、ブルーレイドライブ、CDドライブ、MOドライブ、フロッピードライブ

※ ドライブの代表メーカー
ロジテック、IODATA、バッファロー、LGエレクトロニクス、ASUS、HP、LITEON、ソニーオプティアーク、パナソニック、NOVAC

自治体の回収(粗大ごみ・小型家電回収BOXなど)

自治体でドライブは燃えないゴミ(または金属ゴミ)して処分できます。燃えないごみはその大きさにより有料と無料に分かれますが、ドライブは小さいため通常は無料で破棄できます。自治体のゴミの区分は以下の通りです。

ドライブ処分方法の比較表

大きさ 料金 ゴミの分類
だいたい30cm未満 無料 燃えないごみ・金属ごみ
30cmを超えるもの 有料 粗大ごみ

また一部の自治体は、小型家電回収BOXという箱を公民館など施設に設置しています。その場合は、捨てたいパーツを回収BOXに投函すれば処理完了です。

これは、通常のゴミの処理とは別で小型家電(電気・電池で動く小型の家電製品、携帯電話、デジタルカメラなど)に含まれる、貴金属やレアメタルといった有用金属を再利用する仕組みです。小型家電リサイクル法と呼ばれています。

まずは、自治体のホームページか電話して確認してみましょう。

パソコンショップでの買取り

中古パソコンを取り扱っているパソコンショップでは、パソコン用のドライブの買取りを行っています。正常動作で性能が高いドライブであれば買取ってもらえます。また、パソコンに内蔵されているドライブより、外付けするタイプのドライブが価値があります。購入時に付属していた箱やソフトウェアがあるかないかで大きく買取り価格が変わるので、売る際には付属品を必ず確認しましょう。

買取倶楽部:http://kaitori.pasocomclub.co.jp/satei/drive_dvd.html
じゃんぱら:http://www.janpara.co.jp/buy/

査定時にはドライブのメーカー名・型番が必要です。ドライブ上面まはた底面に貼ってある銘板に記載されています。

ドライブだけであれば、ゴミで処分

ドライブだけであれば、自治体での処分をおすすめします。ドライブの買取りは少しでも古いものはほぼ値が付きません。

パソコンも一緒に捨てたいとなれば、自治体ではドライブ単体では処分できても、パソコンの処分はできません。