土曜営業日 今月の土曜営業日 来月の土曜営業日

マザーボードを処分する方法

マザーボードの処分方法は3種類あります。

  • 自治体の回収(燃えないゴミ・小型家電回収BOXなど)
  • パソコン処分.comでの回収(当サイト)
  • パソコンショップでの買取り

電子回路基板のことです。マザーボードにいろいろな電子部品を接続することで、パソコンを構成します。マザーボードの中には個人情報はありませんので、そのまま処分できます。データはマザーボードに無いからです。

自治体の回収(粗大ごみ・小型家電回収BOXなど)が一般的です。マザーボードの性能がとても高く、最新のものであれば、売却も可能です。ただしマザーボードを抜いたパソコン本体はただの箱になってしまうので、場合によっては、パソコン本体が捨てられなくなります。

マザーボード処分方法の比較表

比較表 対応機種 料金 データ消去 完了までの目安
自治体の回収 マザーボード全般 無料 不要 当日(持込)
パソコン処分.com PCと一緒ならOK 無料 不要 当日
ショップ買取り 正常品で新しいもの お金がもらえる 不要 2週間程度(配送)

※ マザーボードの代表機種
SUPERMICRO、ASUS、GIGABYTE、ASRock、MSI、BIOSTAR、TYAN、ECS、インテル、FOXCONN、Intel、AMD、nVIDIA、ATX、CEB、Extended、FlexATXなど

自治体の回収(粗大ごみ・小型家電回収BOXなど)

自治体でマザーボードや付属の部品は、粗大ごみや燃えないゴミ・金属ゴミして処分できます。

一部の自治体では小型家電リサイクル法に従い、別の方法で市町村が回収し、認定事業者がリサイクルしています。回収方法には、公共施設やスーパー・家電販売店、学校などに専用の「回収ボックス」を設ける方法や、町内の資源ごみ集積所に「回収コンテナ」を設置して決められた収集日に回収する方法などがあります。

まずは、自治体のホームページか電話して確認してみましょう。
使用済み小型家電のリサイクルが開始:http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201303/2.html

パソコン処分.comに回収してもらう

当サイト「パソコン処分.com」では、中身が入ったパソコンと一緒であれば、マザーボードが無料で処分できます。

  • マザーボードだけは送れません
  • 全メーカーのすべてのマザーボード
  • パソコンはハードディスク以外の部品が抜けている状態は引き取り出来ません
  • デスクトップパソコン・ノートPC・液晶ディスプレイは全メーカー・故障・不良問わず
  • ブラウン管ディスプレイ・ブラウン管一体型パソコンは除く

連絡不要、パソコンと一緒にクロネコヤマト宅急便(着払い)で送るだけの簡単手続きです。もちろん、パソコン内にある個人情報データも無料で完全消去致します。NHKにも紹介されたパソコン処分サービスです。

受付窓口:パソコン処分.com
URL:https://www.pasokon-syobun.com/
パソコンの受け取り:24時間365日
電話番号:03-3883-4600
受付時間:9:30~11:30 13:00~17:00 (日・祝祭日休み、土曜日は隔週営業)

パソコン無料処分キャンペーン実施中!!

パソコン処分.comはパソコンを無料で処分できます。
パソコンメーカー、年式、型番、動作不良の有無は問いません。
データは確実に消去を行なっておりますので、ご安心下さい。
詳しくはご利用の流れを参照ください。

パソコンショップでの買取り

中古パソコンを取り扱っているパソコンショップでは、パソコン用のマザーボードの買取りを行っています。正常動作で性能が高いマザーボードであれば買取ってもらえます。

ほとんどのマザーボードは買取り対象外です。マザーボードは種類や大きさが時代によって違うためです。昔のマザーボードは新しいパソコンには使用できません。なので、あまり誰も欲しくありません。

Sofmap.com ハード買取:http://www.sofmap.com/spkaitori/search/exec/_/tid=SPHD
ツクモ買取センター:http://www.tsukumo.co.jp/kaitori/

マザーボードはパソコン本体に強く接続されていますので、素人では取り外しは難しいです。分解しないほうが、処分に手間がかからないです。

マザーボードだけであれば、ゴミで処分

マザーボードだけであれば、自治体での処分をおすすめします。パソコンも一緒に捨てたいとなれば、パソコン処分.comでパソコンと一緒に処分できます。