土曜営業日 今月の土曜営業日 来月の土曜営業日

フロッピーディスクを処分する方法

お探しの内容が、DVDドライブの処分の場合は、「ドライブの処分方法」をご覧ください。

フロッピーディスクの処分手順は以下の通りです。

フロッピーとは、データを保存する記録媒体のことです。プラスチック製のケースに薄い磁気を持った円盤が入っています。CDのようにフロッピードライブに挿入することでデータを読み書きできます。データを記録しているので処分するときには、事前にデータ消去が必要です。

データ消去は、物理的に破壊するのが簡単です。ゴミとして処分するが一般的です。

※ フロッピーの代表メーカー
TEAC、ワイ・イー・データ、ソニー、日立マクセル、三菱化学メディア

1.データ消去を行う

フロッピーはデータが入っているのでデータ消去が必要です。物理破壊と通常のフォーマットの2種類あります。一般的には物理破壊します。

フロッピーを物理破壊する方法

  • 金属製のシャッターをスライドする(ないものもある)
  • フロッピーの内部が見えたら(黒い円盤)、カッターなどで傷つける

フロッピーをフォーマット(初期化)する方法

  • フロッピーディスクドライブにフロッピーディスクを入れます。
  • 「スタート」から「コンピュータ」をクリックして画面を開きます。
  • 「3.5インチFD(A:)」を右クリックし、「フォーマット」をクリックします。
  • 「フォーマット」画面が表示されます。
  • 「フォーマットの種類」を「通常のフォーマット」にして開始します。
  • 完了です。

ハードディスクはフォーマットしてもデータ消去できません。フロッピーディスクは例外的に、通常フォーマットを実行するとデータの保存領域の情報まで消去するので、データ消去できます。

2.ゴミとして処分する

多くの自治体でフロッピーは燃えないゴミして処分できます。一部の自治体は燃えるごみの場合もあります。大量の場合には粗大ゴミ・一般廃棄物として処分します。

自治体のゴミの区分

条件 料金 ゴミの分類
少量 無料 燃えないごみ・金属ごみ
大量 有料 粗大ごみ・一般廃棄物
企業で捨てる 有料 産業廃棄物

フロッピーディスクは消去して、処分。

フロッピーディスクの処分は難しくありません。自治体のホームページや電話で問い合わせて、正しく処分しましょう。

パソコンを捨てたいときは、パソコン処分.com(当サイト)をご利用ください。

パソコン無料処分キャンペーン実施中!!

パソコン処分.comはパソコンを無料で処分できます。
パソコンメーカー、年式、型番、動作不良の有無は問いません。
データは確実に消去を行なっておりますので、ご安心下さい。
詳しくはご利用の流れを参照ください。