土曜営業日 今月の土曜営業日 来月の土曜営業日

パソコン用マウスを処分する方法

マウスの処分方法は2種類あります。

  • 自治体の回収(粗大ゴミ・燃えないゴミ・小型家電回収BOXなど)
  • パソコンと一緒にメーカーに引き取ってもらう

マウスとは、パソコンを操作するための装置です。マウスの中には個人情報はありませんので、そのまま処分できます。

マウスだけであれば自治体の回収(燃えないゴミ・小型家電回収BOXなど)が一般的です。メーカーはパソコンの付属品としてであればマウスを引き取ることができます。

マウス処分方法の比較表

比較表 対応機種 料金 データ消去 完了までの目安
自治体の回収 マウス全般 無料・有料 不要 数日
メーカー PCと一緒、パソコン純正品のみ 無料・有料 データ消去しない 2週間程度(配送)

※ マウスの代表メーカー、種類など
サンワサプライ、エレコム、ロジクール、バッファロー、マイクロソフト、Thermaltake、ナカバヤシ、オーム電機、Razer、ロアス、BlueLEDマウス、レーザーマウス、光学式マウス、トラックボール、ボールマウス、タッチパッド

自治体の回収(燃えないゴミ・小型家電回収BOXなど)

自治体では、マウスを粗大ごみや小型家電回収BOXで回収しています。自治体のホームページか電話して確認してみましょう。

ただし、電池をマウスから抜いて処分して下さい。ワイヤレスマウス(パソコンと線でつながっていないマウス)には電池が入っています。電池は自治体のゴミ処分方法が別です。

リンク:主な自治体の処分方法

パソコンと一緒にメーカーに引き取ってもらう

2003年10月以前は、パソコン本体を粗大ゴミとして自治体で処分できましたが、2003年10月以降は、パソコンメーカーが処分を行っています。資源有効利用促進法という法律に基づいて、不要になったパソコンの回収・リサイクルは、製造元のメーカーが責任を負うことになったからです。

マウスは、パソコンを処分するときに添付品として、最初からついていたものであれば、パソコンと一緒にメーカーで回収してもらえます。言い換えると、別で購入したマウスはメーカーで処分できません。マウスメーカーでも処分は行っていません。

リンク:メーカーでパソコンを処分する方法

マウスだけであれば、ゴミで処分

マウスだけであれば、自治体での処分をおすすめします。